結婚式に持っていくバッグについて

結婚式で避けたいバッグの素材について

バック素材のNG例として、ビニール素材、コットン、皮革製品(特に蛇皮などのハ虫類革)などは敬遠されがちです。特に革製品についてはめでたい席に「殺生」を連想させるものとして歓迎されません。

ビニール素材、コットンに関してはこれらの素材はカジュアル度が高く落ち着いた雰囲気にそぐわないものは控えるほうがよいでしょう。ブランドバッグでもその場にそぐわない物は敢えて持参しないほうが批判されることもないでしょう。

結婚式にはコンパクトバッグやシックなバッグで参加しましょう。

基本的に会場内に持ち込むパーティバッグはコンパクトなものが望ましいようです。貴重品、お化粧直しグッズ、ハンカチやティッシュなど、最小限の持ち込むだけにしておきたいものです。あまりバッグが大きいと座席まわりに置くことができません。

どうしても荷物が多くなる場合には座席下における紙袋など用意すればよいでしょう。大きい荷物がクロークに預けてパーティーバッグだけで会場に入るほうが見た目にもスマートに見えると思います。