新婦のカラードレスと同じ色は避ける

結婚式では新婦さんは二回ほどお色直しをしますが気配り上手な人ならお色直しのドレスと色が被らないように配慮するそうです。新婦によってはカラードレスの色が被っていると不機嫌になる人もいるそうです。

せっかくのお目出度い席で恨まれるのは嫌だという人は事前に新婦にカラードレスの色を確認すると被らない色の服装で出席しましょう。カラードレスで使われるパターンで多いのは「赤・青・黒」などのハッキリした原色です。

淡い色のドレスで参加するのが無難ですが白やベージュは光にあたると新婦と同じドレスに見えなくもないので着用は控えたほうがよいでしょう。

黒のドレスで出席する時には小物のバッグや靴に光り物をいれると彩りが良くなりますが黒ドレスは着用率が高くひとつの席みんな黒ドレスだったという話もあるくらいなので着用するドレスは事前に出席する友人たちを相談するのも良い案かもしれません。

最近ではドレスではなく敢えてパンツスタイルで出席する女性も増えています、いわゆるリクルートスタイルではなく光沢のある華やかなパンツスタイルが今後さらに増えるのかもしれません。

気合い入りすぎは注意が必要
結婚式場でチャイナドレスを着た女性を見たことがありますがチャイナドレスは彼女ひとりで年配の招待客からはコンパニオンと間違われてしまう始末でちょっと可哀想でした、やはりTPOに合わせた服装は大事と言うことでしょう。