結婚式には合わない靴について


結婚式に出席する人の多くが使用する靴はつま先の隠れているパンプスです。つま先やかかとを隠すのが基本のマナーですが知らない人はミュールを履いて出席したりすることもあります。

出席して浮いてしまう靴としてはブーツが代表格でしょう、ブーツはどちらかと言うとカジュアル向けでありフォーマルな場には似つかわしくない装いです。また露出の多いサンダル、ミュールも結婚式に出席するのに似つかわしくない靴の仲間で結婚式ではつま先、かかとが露出しない靴を選ぶと良いでしょう。

ただし式のスタイルよってはカジュアルな服装や靴でも構わない場合もあるので式場や式のプログラムなど確認して服装を決めてもよいでしょう、またパーティースタイルの二次会ではドレスにヒールを合わせた服装で参加される女性もいます。

二次会は友人同士の集まりの意味合いが強いので服装もそれほど拘ること無くカジュアルな雰囲気で参加しても問題はありません。ただし、露出の高い服装に着替えることは控えたほうがよいでしょう。

ヒールの高さについては3cm以上が良いと言われますが無理して履く必要もありません、ドレス姿にヒールは似合いますが本人にとって履き心地の悪い靴ならむしろパンプスを選ぶほうが合っています。